当事者部門

「優しくしてもらえる嬉しさ」 kasumin

私は、低出生体重で産まれた影響で両上肢

に麻痺が残り、「脳性麻痺」という障がいがあります。

なので、人には出来て、自分には、出来な

い事もたくさんあります。

私は、今まで、手伝ってもらうことは、とても、周りにいる人に、迷惑がかかってしまうのではないかと思っていました。

私は、ノートを、早く書くことが苦手です。

だけど、友達がメールで、写真を、送ってくれて、私が、「いつも迷惑かけてごめんね」と言うと、「全然、気にしなくても大丈夫だよ」って言ってくれるので、私は、心強いなと思います。

私はいつも、「ありがとう」ではなく「ごめんね」という多い気がしています。

だけど、相手は、「ごめんね」と言われるより、「ありがとう」と言われるほうが、気持ちいいと、思いました。

これからは、迷惑だなんて思わずに、どんどん手助けしてもらって、その分、たくさん

「ありがとう」を伝えたいです。

そして、人に優しくしてもらえることは、

とても、幸せで、嬉しいことだと、思いました。

障がいを持って、生まれたからこそ人の、

優しさや、温かさに触れる機会が、多く感じます。

私は、障がいを一つの個性として捉えてい

ます。

将来は、障がいを生かして、放課後等デイサービスなどの福祉の仕事に就きたいと思っているので、「社会福祉土」の資格を取りたいと思っています。

そのために、コミュニケーション能力を高め、障がい・病気に対する、知識を、増やし

理解を深めていきたいと、思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です